在ボリビア日本国大使館からの注意喚起(狂犬病)

当国は狂犬病発生国です。2月1日、コチャバンバ県で昨年12月4日に犬に噛まれた3歳児が狂犬病を発症して死亡しました。犬、ネコ等には近づかないようにしてください。
 

ボリビアにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ


在ボリビア日本国大使館
 
  1. コチャバンバ県保健事務所の発表によると、2月1日、昨年12月4日に犬に噛まれた3歳男児が狂犬病を発症して死亡しました。過去には、2015年3月(28歳女性)、5月(60歳女性)、6月(8歳女児)及び8月(11歳女児)にも、犬に噛まれたボリビア人がそれぞれ死亡しています。※2016年の人の狂犬病発症例はありません。

  2. 狂犬病はすべての哺乳類に感染します。中南米では、犬のほか、コウモリ、ネコ、マングース等からの感染が確認されていますので、これらの哺乳類には極力近づかないようにしてください。

  3. 潜伏期間は一般的には1~3か月程度ですが、1週間未満から1年以上と幅があります。人も動物も発症すると100%死亡しますが、感染動物に噛まれた後(暴露後)早急にワクチンを接種することにより発症を防ぐことができます。噛まれた際は、すぐに最寄の医療機関を受診してください。


(狂犬病について)
外務省HP
 http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C034.html
厚生労働省HP
 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/

 

在ボリビア日本国大使館

住所:Calle Rosendo Gutierrez No.497, esq. Sanchez Lima, La Paz, Bolivia
電話:(市外局番2) 241-9110~3
   国外からは(国番号591)-2-241-9110~3
FAX : (市外局番2) 241-1919
   国外からは(国番号591)-2-241-1919
ホームページ:http://www.bo.emb-japan.go.jp/jp/index.htm
Email:consul.lpz@lz.mofa.go.jp (領事班)