【草の根・人間の安全保障無償資金協力】青少年性的暴力被害者一時保護施設整備計画の引渡式

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
 3月1日,大塚邦広二等書記官は,コチャバンバ県ティキパヤ市の「青少年性的暴力被害者一時保護施設整備計画プロジェクト」の引渡式に参加しました。このプロジェクトは、草の根・人間の安全保障無償資金のスキームで、「希望のそよ風」財団によって実施されました。(供与額:84,155米ドル)。このプロジェクトにより、コチャバンバ県内の同施設を訪れる性的暴行被害に苦しむ青少年の保護につながることが期待されます。