【草の根人間の安全無償資金協力】ビジャソン市有機ゴミ堆肥化施設整備計画

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
12月11日,大塚邦広二等書記官は,ポトシ県ビジャソン市に所在するごみ処理場において小型ホイルローダーおよび有機ゴミ粉砕機の引渡しを行いました。このプロジェクトはビジャソン市によって実施され,草の根・人間の安全保障無償資金のスキームで実施されました(供与金額:61,340米ドル)。これらの新たな機材によって今後同施設では,25トンから200トン/月の有機ゴミを処理することができ、同市で暮らす35,000人以上の住民に裨益することが期待されます。