外務大臣表彰状授与式

本欄に画像を表示

11月11日(金),当地在住の南雲謙太郎氏の当国を訪れた邦人旅行者に対する支援等の功績を称え,古賀大使公邸にて外務大臣表彰式が開催され,招待客とともに受賞を祝いました。

南雲氏はラパス市内唯一の日本人ホテルの経営者で、邦人旅行者に対する当国の観光情報及び治安情報提供の他、盗難被害にあった邦人旅行者に対して、観光警察や移民局での手続きの案内や、日本の家族やクレジットカード会社への電話連絡の支援を行い、高山病や下痢を発症した者には、病院を紹介したり医者をホテルに呼び診察を受けられるよう手配する等の支援を行ってきた。また、ラパス日本人会会長在職期間中には、日本ボリビア関係の強化に加え、日本祭りの開催、日本庭園の改修やNHK視聴等において成果を残した。上述の功績が非常に高く評価され,邦人旅行者支援及び両国相互理解の促進に貢献したとして,今次表彰に至りました。