ラパス市日本庭園に対する草の根文化無償資金協力贈与契約署名式

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
2月12日,古賀大使は,草の根文化無償資金協力による「ラパス市日本庭園内社会文化センター音響・照明機材整備計画」贈与契約に署名しました。(供与金額:75,530米ドル)。
ラパス市日本庭園は、日本とボリビアの友好関係のシンボルであり、1975年にラパス日本人会からラパス市役所に寄贈されました。本プロジェクトの実施により、日本庭園の設備が改善され、今後更に多くの文化・社会活動が実施されることが期待されます。