【草の根・人間の安全保障無償資金協力贈与契約署名式】

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
2月8日,古賀大使は,草の根・人間の安全保障無償資金協力の新規5案件の贈与契約に署名しました(合計供与金額:365,189米ドル)。

これらの案件は,サンタクルス県,チュキサカ県,コチャバンバ県及びタリハ県における地域開発及び国民の生活の向上を目的に,教育・保健・上水及び廃棄物処理の4つの分野で5件のプロジェクトが実施されます。

5件のプロジェクトの名称は以下のとおりです。
  • 「パンパグランデ市上水施設整備計画」・パンパグランデ市(サンタクルス県)
  • 「チンボアタ教育施設整備計画」・カピノタ市(コチャバンバ県)
  • 「モロモロ保健施設医療機材整備計画」・モロモロ市(サンタクルス県)
  • 「ムユパンパ地区上水施設改修計画」・ビジャ・バカ・グスマン市(チュキサカ県)
  • 「タリハ市有機ゴミ堆肥化施設機材整備計画」・タリハ市衛生公社(タリハ県)

今回の新たな5案件を含め,1990年から現在まで634案件を実施し,合計約41百万米ドルを供与しました。