【草の根・人間の安全保障無償資金協力】ミカヤ地区陶芸及び手工芸研修施設整備計画の引渡式に参加

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
6月15日,茂木健司一等書記官は,ラパス県コルケンチャ市に研修施設を建設し,ミカヤ地区における陶芸手工芸研修施設を整備し、機材を供与するプロジェクトの引渡式に出席しました。このプロジェクトは草の根・人間の安全保障無償資金のスキームでコルケンチャ市によって実施されました(供与額:84,738米ドル)。このプロジェクトにより,同地区に住む住民50名と中学生120名が裨益し,陶芸品及び手工芸品制作の技能習得により、将来収入増加させることが期待されます。