草の根無償資金協力 

「グアビラ教育施設整備計画」引渡し式

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

2014.4.25

サンタクルス県モンテロ市のグアビラ教育施設において、上野久参事官(サンタクルス出張駐在官事務所所長)出席の下、平成24年度草の根・人間の安全保障無償資金協力「グアビラ教育施設整備計画」の引渡式が実施されました。

同教育施設は1954年に設立され、現在は初等教育1~6年、中等教育1~6年の計24クラス約700人の児童生徒、及び教職員32人が在籍している、地域の教育拠点です。
しかしながら、教育施設の所在する地区は人口増加が著しく、それに伴い入学希望者も増加が著しく、教室数が不足する深刻な事態となっていました。
そこで今回のプロジェクトで、こうした教室数不足や教室の過密状態を解消し、児童生徒が落ち着いて勉学に励めるよう、新たに4教室及び職員室と事務員室を整備しました。
本プロジェクト実施により、同教育施設に学ぶ約700名の児童生徒が、適切な学習環境の下、勉学に励めるようになることが期待されます。
式典に参加した上野参事官は、ドン・ボスコ公共学校関係者、学校関係者、児童生徒が見守る中、除幕式及びテープカットを行いました。