在留届とは

 在留届は、海外で3か月以上滞在する日本人が住所を定めた際に、滞在地を管轄する大使館又は総領事館に住所、氏名、連絡先を提出していただくもので、海外において日本政府の行政サービスや緊急連絡を受ける際の基礎的な資料となる重要なものです。

 近年、海外で生活する日本人が急増し、海外で事件・事故や思わぬ災害に巻き込まれるケースも増加しております。万一、日本人がこのような事態に遭った場合には、日本国大使館では「在留届」をもとに日本人の所在地や緊急連絡先を確認して援護活動を行います。

 外国に3か月以上滞在する日本人は、管轄する在外公館(在ボリビア日本国大使館又は在サンタクルス領事事務所)に「在留届」を提出することが旅券法第16条により義務づけられております。なお、滞在期間が3か月未満の方も届出することは可能です。
 

「在留届」は下記の場合に用いられます

  1. 在留届が提出されていないと、大使館やサンタクルス領事事務所は、あなたが海外に滞在していることを知ることができません。海外在留邦人が事件や事故、災害に遭ったのではないかと思われるとき、「在留届」があれば安否の確認、緊急連絡、救援活動、留守宅への連絡等が迅速に行えます。

  2. 「海外で事故にあったのでは」といった留守宅からの安否問い合わせに対しても「在留届」があると早く確認できます。

  3. 在外公館で在外選挙人登録などの領事窓口サービスを受ける際にも、「在留届」は利用されています。

  4. 海外にいる在留邦人のための長期的な教育・医療等の施策を政府が検討する際の基礎的資料ともなっております。

「在留届」の提出方法

次のいずれかの方法で提出してください。
 

1. インターネットから「在留届電子届出システム」を利用し提出する方法

 インターネットによる電子届出システム(ORRnet)により届け出ることができます。ORRnetには下記の「在留届電子届出システム」からアクセスできます。本システムを通じて届出をされた方は、帰国や住所変更等の手続きも同システムから行ってください。
 在留届電子届出システム

注:サンタクルス県在留の方は在サンタクルス領事事務所に届出をする必要があることから、在留届電子届出システム(ORRネット)にアクセスし、「在サンタクルス領事事務所」を選択した上で在留届を御提出ください。

 

2. 用紙にて提出する方法

「在留届」を入手し、領事窓口、郵便もしくはFAXにより提出してください。
「在留届」の用紙は、領事窓口で入手するか、下記よりダウンロードしてください。
       在留届ダウンロード
       記入例
 
当館の管轄地域にお住まいの方(サンタクルス県以外)は当館へ提出してください。
Embajada del Japón en Bolivia
Calle Rosendo Gutiérrez # 497, esquina Sánchez Lima. Casilla 2725, La Paz
Tel. 2419110, FAX 2411919
 
サンタクルス県にお住まいの方は在サンタクルス領事事務所へ提出してください。
Oficina del Cónsul del Japón en Santa Cruz
Calle Saavedra # 314, esquina Cochabamba. Casilla 543, Santa Cruz
Tel. 3351218, FAX 3351022

住所変更届、帰国・転出届

 「在留届」提出後、転居、帰国、追記等在留届の記載事項に変更が生じた場合には、必ずその旨をご連絡ください
 

1. 在留届電子届出システムORRnet にて在留届を提出した方で、上記の変更等が生じた方は、同システムにて記載事項の変更(帰国を含む)をしてください。「在留」のままデータが残っていると、緊急時の安否確認作業に時間がかかり、実際に住んでいる方々へのご連絡が遅れてしまいます。 

2. 用紙にて「在留届」を提出された方は下記より変更届をダウンロードし、提出してください。

・ 変更届(転居、家族の追加等)ダウンロード

・ 帰国・転出届ダウンロード

東日本大震災復興関連情報 日本の安全保障政策 北朝鮮による日本人拉致問題 「女性が輝く社会」の実現に向けて 歴史認識
日本海 日米安全保障体制 TPP協定交渉 ウクライナ情勢-日本の取組-
日本の領土をめぐる情勢 北方領土 竹島 尖閣諸島