証明事務の御案内

 大使館及び在サンタクルス領事事務所では、海外行政サービスとして、ボリビアにおける在留邦人からの申請に基づき、恩給、年金等の手続に使用する在留証明、遺産処分や重要取引等に要する個人の署名証明、出生、婚姻等の身分上の証明等の発給事務を行っています。

 これら以外にも各種の証明がありますので、詳細等については当館領事班 又は在サンタクルス領事事務所にお問い合わせください。

証明の種類 証明内容
在留証明 申請人がボリビアのどこに住所を有しているか、又は有していたかを証明します。
戸籍記載事項証明 ある特定の事項が戸籍謄(抄)本に記載されていることを証明します。
出生証明 申請人がいつ、どこで出生したかを証明します。
婚姻要件具備証明 申請人が独身であり、かつ、日本国の法令上婚姻の要件を満たしていることを証明します。
婚姻証明 申請人が誰といつ正式に婚姻しているかを証明します。
離婚証明 申請人がいつ正式に離婚しているかを証明します。
死亡証明 事件本人がいつどこで死亡したのかを証明します。
翻訳証明 申請人が提出した翻訳文が原文書(本邦公文書)の忠実な翻訳であることを証明します。
公文書上の印章(又は署名)の証明 日本の官公署又は特殊法人等が発行した文書の発行者の印章(職印又は機関印)(又は署名)が真正であることを証明します。
一般人(在留邦人)の署名(及び拇印)証明 申請人が領事の面前で署名(及び拇印)を行ったことに相違ないことを証明します。
自動車運転免許証抜粋証明 申請人が日本の自動車運転免許証を有していることを証明します。
居住証明 元日本人の申請人がボリビアで居住している事実を証明します。
警察証明 申請人の日本における犯罪歴の有無の証明で、警察庁が発行します。
東日本大震災復興関連情報 日本の安全保障政策 北朝鮮による日本人拉致問題 「女性が輝く社会」の実現に向けて 歴史認識
日本海 日米安全保障体制 TPP協定交渉 ウクライナ情勢-日本の取組-
日本の領土をめぐる情勢 北方領土 竹島 尖閣諸島