おたふくかぜの流行

 報道によると、当国における流行性耳下膜炎(おたふくかぜ、ムンプス)の発生が急増しています。
 
 ラパス県保健局(SEDES)によると、2015年82例、2016年128例だったムンプス症例が今年は第45週(11月12日まで)までに3033例発生しています。9月から徐々に増え、特に10月26日~11月12日の期間には、1698例から3033例へと急増しています。
 
 おたふくかぜは、強い感染力を持つおたふくかぜウイルスにより、飛沫感染します。2~3週間の潜伏期の後、発熱、両側耳下腺腫脹・疼痛で発症し、通常は1~2週間で軽快しますが、合併症として髄膜炎(頭痛)、男性では睾丸炎を発症することが有り、男性不妊の原因となることがあります。
 一度罹ると終生免疫が得られますが、感染の既往の無い方やワクチン未接種の方は、患者さんに近づかない等十分御注意ください。
 
○在ボリビア日本国大使館
 住所:Calle Rosendo Gutierrez No.497, esq. Sanchez Lima, La Paz, Bolivia
電話:(市外局番2) 241-9110~3
   国外からは(国番号591)-2-241-9110~3
 FAX : (市外局番2) 241-1919
   国外からは(国番号591)-2-241-1919
ホームページ:http://www.bo.emb-japan.go.jp/jp/index.htm
 Email:consul.lpz@lz.mofa.go.jp (領事班)