ラパス市役所デジタル機材整備計画

2017年12月5日,了泉庵参事官は、ラパス市に対して歴史的資料をデジタル化するための機材の引渡しを行いました。このプロジェクトは、ラパス市によって実施され,草の根文化無償資金のスキームにより実施されました(供与金額:90,855米ドル)。この協力により、今後、利用者は新聞に加え、歴史的な書籍7,000冊以上、及び写真16,000枚にアクセスが可能になり、また、それらを後世に残すことができます。