在留邦人の強盗被害(刃物使用)

● 7月18日午後10時過ぎ,ラパス市内において,邦人の強盗被害が発生しました。
●  外出時は周囲を確認するなど常時警戒を怠らず,万が一被害に遭った場合は,絶対に抵抗しないで下さい。
 

1 被害状況
7月18日午後10時10分頃,邦人男性が,ラパス市内バホ・ソポカチ地区からミラフローレス地区方面にへメロ橋を一人で徒歩で帰宅途中,正面から歩いてきた中年男性に,すれ違いざまにぶつかられた直後に刃物を突きつけられ,所持品を渡すように脅迫され,現金,身分証等を入れたリュックサック及び携帯電話を奪われたもの。犯人は通りかかったタクシーに乗車し逃走した。被害者に負傷はなし。
 
2 防犯対策
(1)夜間早朝等,人通りの少ない時間帯に一人歩きはしない。無線タクシーを利用するなど安全を心掛ける。
(2)万が一,強盗に遭遇した場合は,絶対に抵抗せず,犯人の要求に従う。
 

在ボリビア日本国大使館

住所:Calle Rosendo Gutierrez No.497, esq. Sanchez Lima, La Paz, Bolivia
電話:(市外局番2) 241-9110~3
   国外からは(国番号591)-2-241-9110~3
FAX : (市外局番2) 241-1919
   国外からは(国番号591)-2-241-1919
ホームページ:http://www.bo.emb-japan.go.jp/jp/index.htm
Email:consul.lpz@lz.mofa.go.jp (領事班)